FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS


 

 

1/10 改 劇場版 ウルフ・オルフェノク

 

 

 

フィギュア バンダイ 1/10 RHシリーズ
素体 針金&スポンジテープ(どちらも100均)
スーツ ビニールテープ(100均のグレー)
その他 ラビット・トンガー使用

 

 

 

  はい! ご覧のとおり 劇場版の たっくんウルフです。^^

ウルフのフュギュアを持っている方なら
すぐ ドコが違うかは お分かりになりますね〜??

実際 劇中では フルCGなのですが
極力それに近く3D化させたい!!と思い
今回チャレンジしたワケですが
とにかく資料と言う資料になるモノはなく
DVDを見まくって 寸法、フォルムなどは
アドリブで作っています。(笑)

とにかく TV版より細く、動物の動きがウリになるので
針金クンをメインに制作しました。
その針金も初挑戦だったので
果たして どうなるのやら・・・??と 思いましたが
まあ、なんとか カタチには なったんじゃないかな??と
思っております。^^;

 

 

 

今回 もっともウリになる”足”ですが
ヒザから足首にかけては
すべて フルスクラッチ。
(足の角?的パーツのみ流用)

第一間接から 第二間接にかけては
外装ナシっぽく見えたので
あえて スポンジ+ビニールテープむき出しに
してあります。

第二間接から足首にかけては
エポパテで作ったワケですが
「型取り」と言うのは まだ やったコトがないので
左右 見ながら 削ったり 盛ったりして
カタチを出しました。

足首部分も 同じく 
エポパテで盛り足し・・・となってます。

 

 

 

 

 

目には パールビーズを裏から埋めております。

 

 

 

 

 

背の毛なのですが
最初は ムートンで行こうと思ってました。

ところが ある日 釣りバカの友人が 遊びに来てて
ウルフのコトを話したら 
「それを やるなら ラビット・ゾンカーだよ!」って
言われ 即購入に走りました。


一応 バラ売り(約10cmx1〜2cmぐらいのが5つ)と
切ってない(約50cmx30cm)のが1300円で
売ってたので 後々を考え 切ってない方を
買いました。

コレで一番 嬉しかったのは
白に近いグレーがあったコトですね〜!^^
(写真では 白に見えちゃいますが・・・)

そして さわりごこちは 最高デス!!!

欠点は 切る時に めちゃくちゃ毛が 飛びます。
あとは 虫がつかないよう メンテナンスが 必要みたいデス。

作業法は 頭部と 背中の2分割となっていて
尻尾まで一体にしておいて 両面テープで閉じ
それでも 真正面からだと 割れ目が見えたので
尻尾サイズのみ 正面から張り付けてあります。

そして 今回 迷いに迷ったのが ”色”ですね〜。

パッと見は ”白っぽい”が第一印象なんですが
見れば シルバー含んだグレーにも見える・・・。

まえ殿に 「下地は黒っしょ!」と言われたのですが
「やっぱ 白じゃない??」と
独断で塗ってみたら 影(立体が)出ね〜〜!!(泣)


そこで 少しでも 黒影が入るよう
白+黒+RLM76ライトグレーを混ぜ
ブラシで塗ったら 次は 
ぬ〜〜っとした グレー・・・(泣)

まえ殿に 「もうちょい白いんじゃない?」と言われ
「そうね〜そうね〜」と 白を多めに取り
2層塗りにかかる。

なんとなく 劇場版と言うより
TV版の色っぽいけど まあまあかな・・・と。

「次は ブラシでシャドウを入れるか〜・・・」など
ホントは今回がブラシ 初めてなのに言ってみる・・・。


トコロが ウルフは ガンダムじゃないので 
面として取る場所は モノすご少ないため 
本物のようにデカイわけじゃないので 出来やしない・・・。


1ヶ所 1ヶ所 マスキングしてたら 一体 いつ出来る!??

ってコトで ふでに変更!!

とりあえず 先にスミ入れをし
そのあと 艶消し黒を かなり薄めて
ウェザリング&ウォッシング&ブレンディングで
やっと ウルフらしくなりました。^^

 


戻る